HOME>イチオシ情報>蜂退治は蜂の種類別で異なる!それぞれの駆除方法

蜂退治は蜂の種類別で異なる!それぞれの駆除方法

ハチ

スズメバチの駆除方法とは?

春から夏にかけて私たちの身の回りの生活スペースに蜂が巣を作ることが多くなります。軒下やベランダなどに巣を作られると、それだけでも刺傷事故に遭う危険性が高くなってしまいます。生活圏で蜂の巣を見つけたら被害に遭わないうちに早めの退治が必要です。蜂の中でも刺されると重大な事故につながりやすいのがスズメバチです。攻撃性と毒性が強く、ニュースなどを賑わすことの多い、日本で被害が最も多いハチです。スズメバチの駆除方法は巣がまだ小さいうちにする必要があります。巣が大きくなっているということは巣作りをする個体の数が多いということなので、素人が決して退治しようとしてはいけません、目安として25cm以上の巣の駆除は危険が伴うので専門業者に依頼した方がいいでしょう。スズチバチの巣の駆除を行うのはすべてのハチが巣に戻った日没後に行います。蜂の針が刺さらないスキー手袋、長靴、雨合羽や厚手の防寒服などで全身を完全防護します。ハチ専用の殺虫スプレーを巣に向かって吹きかけ、しばらくしたら巣を取り外してビニール袋へ入れます。その際、ビニール袋の中へもう一度殺虫スプレーを吹きかけておきます。

蜂

蜂に出くわした時の対処方法

自分の家の周りや野外などで蜂に出くわした時の対処方法はどのようなものがあるのでしょうか。いたずらに蜂を刺激して刺されないようにするため、注意点を見てみましょう。ハチの巣を見つけたら近付かないでください。夏の活動期などは巣に近づくだけで攻撃性が高くなるので注意が必要です。巣の近くで大きな物音を立てるのも禁物です。屋外で蜂の巣を見つけたら静かにその場を離れましょう。蜂が家の中や車の中で入ってきたら手で追い払おうとせず、窓を開けて自然に出ていくまで待ちます。決して退治しようとしない方がいいでしょう。アウトドアなどで巣があるのを気が付かないで近づいてしまうことはよくあります。万が一襲われた時は手で頭を守り、姿勢を低くしてなるだけ遠くへ離れましょう。とっさに逃げられない場合は、背を向けず姿勢を低くして後ずさるように逃げるようにします。